電子帳簿保存法対策は
お済みですか!?

電子帳簿保存法は、帳簿や領収書・請求書などの処理に係る負担を軽減するため、電子データによる保存を認める法律となります。企業内でのペーパーレス化が進み、電子帳簿保存法も、事業者が利用しやすいように、常に法改正による緩和措置が随時実施されています。また、2022年1月1日より義務化予定であった電子取引に関わる電子データの保存義務について、改正と実質2年の猶予期間が設けられることとなりました。

電子と取引の保存要件

電子帳簿保存法の改正により、
「データで書類を保管する」ことが
楽になります!

従来までは制限の多かったデータ保管が、プロカンを導入することで非常に楽になります。プロカンは2022年10月に電子帳簿保存法に合わせた保管方法について対応予定!収支管理と合わせて一石二鳥のシステムとなります!