売上原価 計算方法

売上原価の勘定科目と計算方法|仕訳や業種ごとの範囲を解説!

企業の財務状況を読み解くには、数々の重要な指標があります。その中でも、特に重要なのが「売上原価」です。この数字は、損益計算や売上高の把握に不可欠であり、企業の健全性を測る上で欠かせません。そんななか、売上原価は、仕入れ値や製造原価といったほかの費用と混同されがちです。

この記事では、売上原価の計算方法をはじめ、仕訳の方法や業種ごとの特徴を明らかにし、その違いを詳しく解説していきます。

お金の流れを簡単管理! 案件収支管理システム プロカンお金の流れを簡単管理! 案件収支管理システム プロカン

売上原価とは

売上原価とは、商品やサービスを提供する過程で発生する費用のうち、売上と直接関連する部分を指します。具体的には、その期間内に販売された製品やサービスにかかったコストのことです。この売上原価を売上高から差し引くことで、企業の売上総利益(粗利)を計算できます。

売上総利益は、損益計算書で売上高の直下に記載されます。売上原価の分析により、企業や各部門の収益性を評価することが可能です。売上が高くても、大きな売上原価がかかっていれば、実際の収益は少なくなります。そのため、売上原価の内訳を精査することは、収益性の向上につながる重要なポイントです。

売上原価には、商品の仕入れコストや原材料費、製造に関わる人件費、外注費などが含まれます。ただし、在庫として残った製品の原価は、売上原価には含まれません。この区別は「費用収益対応の原則」にもとづいたものです。期間内に売れ残った商品やサービスの原価は、資産として会計処理される点にも注意しましょう。売上原価の正確な理解と管理は、財務会計はもちろん、管理会計の観点からも非常に重要です。

併せて読みたい関連記事

売上原価と似ている言葉との違いを知ろう!

企業経営において、正確な財務分析は不可欠といえます。その中で重要な数値のひとつが「売上原価」の概念ですが、これはほかの類似する言葉と混同されがちです。ここでは、売上原価としばしば混同されがちな用語との違いを解説していきます。

1.売上原価と製造原価の違い

製造原価とは、商品の製造過程でかかる費用の総和のことです。この中には、原材料費、設備費、人件費などが含まれています。たとえば、自社で製造した商品を全て他社に卸す場合、売上原価は計上されず、費用として認識されるのは製造原価のみです。

一方で、自社製品の販売や仕入れた商品の販売を行う場合は、製造原価に加えて仕入原価や売上に関連する経費も、売上原価の計算に含めなければなりません。製造原価には、3つの主要な要素が含まれます。

まず、「材料費」は製造に必要な原材料のコストです。次に、「労務費(人件費)」は工場で働く従業員への報酬を指します。そして、「経費(その他の費用)」は、機械の購入や減価償却、水道光熱費、外注費などの製造に必要なその他の費用のことです。

製造業では、製造工程で発生するこれらの費用を把握するために、製造原価報告書を作成します。その報告書には、期首の仕掛品や半製品のコストも加味されており、それらのコストを差し引いた後の合計が、その期の製造原価です。

このように、売上原価と製造原価は、計算方法や会計上の扱いにおいて異なる点があり、それぞれの理解が企業経営において重要といえます。なお、仕掛品とは作りかけの製品のことであり、半製品とは、作りかけではあるがそのまま外部に販売することも可能な製品のことです。

併せて読みたい関連記事

2.売上原価と仕入原価の違い

仕入原価とは、主にスーパーやコンビニなど小売業で用いられる概念で、商品を他社から仕入れてそのまま販売する際の原価のことです。この原価には、商品の仕入れ価格に加えて、運搬費などの経費も含まれます。

また、仕入原価の計算は、会計期間内に仕入れた商品の金額にもとづいており、その商品が売れたかどうかは関係ありません。一方、売上原価は、会計期間内に実際に売れた商品の仕入れ価格をもとに計算されます。これは売上高から直接的に影響を受けた、販売した商品の仕入れ額に焦点を当てている数字です。売上原価の計算では、その年度に販売された商品のコストが考慮されるため、仕入原価とは異なる視点から費用が評価されます。

併せて読みたい関連記事

業種別!売上原価に含まれるものは?

売上原価という概念は、さまざまな業種において異なる要素を含むことがあります。それぞれの業界では、売上原価に計上される内容や範囲に特徴があるのです。ここでは、それぞれの業界で何が売上原価に含まれるのかを紹介していきます。

1.小売業

小売業においては、主に商品の仕入れに関わる費用が売上原価として計上されますが、売れ残った商品に対する処理についても重要な役割を担います。売れ残り商品には、ロス分の原価と売れ残り商品の評価損が含まれるため、これらも売上原価の計算において考慮する必要があります。

特に、売れ残り商品の評価損は、在庫の金額計算における「低価法」の採用に関連して発生します。低価法では、在庫の取得原価(原価法による評価額)と期末時点での市場価値を比較し、より低い方で在庫を評価するのです。

この評価法を採用した場合は、期末時点での在庫評価額が下がると、その差額が損失として計上されることに注意しましょう。このように、小売業の売上原価の計算では、仕入れ費用だけではなく在庫の評価損失も考慮に入れており、その計算方法はほかの業種と異なる特徴を持っています。

2.製造業

製品の製造にかかる費用は「製造原価」として計上され、売上原価とは区別されます。製造原価の特徴は、原材料費のみならず、製品の加工に必要な人件費や工場の光熱費なども含まれることです。製造された製品は、販売される段階で商品となり、その際に関連する費用は売上原価として計上されます。

たとえば、製造だけを行う工場では、製造原価のみの計上です。一方で、製造から販売までを一貫して行う工場の場合は、製造原価に加えて販売に関わる費用も売上原価として計上する必要があります。このように、製造業では製造原価と売上原価の両方を理解し、適切に計上することが重要といえます。

3.サービス業

サービス業では、提供されるサービスに直接必要な費用が売上原価に該当します。しかし、これは主に外注費などに限られるため、売上原価は比較的低めになる傾向です。また、サービス業の中でも、たとえば広告宣伝業やコンサルタント業などは、必要な情報や技術を提供することによって収益を上げるため、原価計上する費用がほとんど、あるいは全く発生しない場合もあります。

なお、サービス業では、サーバーの提供者やプロバイダーなどに関係する役務提供者に支払う費用も売上原価に含まれることに注意しましょう。

このように、売上原価に含まれる項目が少ないため、サービス業の粗利率は高くなる傾向にあります。ただし、販売費および一般管理費(販管費)として発生する給与や広告宣伝費、支払運賃などの費用は、売上原価とは別の計上です。これらの特徴を踏まえることで、サービス業の経営分析や財務計画において、より正確なコスト管理ができます。

4.飲食業

飲食業での売上原価に含まれるのは主に材料費であり、通常、調理や接客に関わる人件費や店舗の光熱費は売上原価には含めません。売上原価の計算においては、各材料に対して「期首の材料棚卸高 + 当期の材料仕入れ高 - 期末の材料棚卸高」の算出を行い、これらを合計して求めます。これは、飲食業においては、1つの商品(料理)の提供に必要な費用が複数に分かれるケースが多いのが理由です。

ただし、例外もあります。特に、調理専門のスタッフを雇用している場合、これらの人件費は売上原価として計上されるのが通例です。これにより、飲食業の売上原価は、材料費に加えて特定の人件費も含む場合があるという点で、ほかの業種と異なる特徴を持っています。このような業種特有の計算方法を理解することは、飲食業における財務管理やコスト分析において非常に重要です。

5.建設業

建設業では、売上原価を「完成工事原価」と呼び、専門の「建設業会計」を用いて処理する必要があります。これは、取引の性質上、工事の開始から完成までに1年以上を要することが多いため、通常の1年周期の会計処理では対応が難しくなるのが理由です。そのため、建設業では会計処理を独自に行う必要があります。

建設業の売上原価は、外注費の割合が非常に高くなるのが特徴です。これは、建設業界特有の元請け、下請け、孫請けといった外注構造が一般化していることに起因します。そのため、売上原価率もほかの業種に比べて高くなる傾向です。一方で、自社で抱える労働者への労務費や販売費および一般管理費(販管費)は、比較的低い数値を示しています。

お金の流れを簡単管理! 案件収支管理システム プロカンお金の流れを簡単管理! 案件収支管理システム プロカン

売上原価を計算する方法!

売上原価の正確な計算は、企業経営において非常に重要です。売上原価の計算を理解して適切に実践することで、企業の収益性を正確に把握し、経営戦略をより効果的に練ることができるでしょう。ここでは、売上原価を計算する具体的な方法に焦点を当てて解説していきます。

1.売上原価の計算式

売上原価の計算は、正確な財務分析に欠かせない要素です。この計算を行うためには、「期首商品棚卸高」「当期商品仕入高」「期末商品棚卸高」という3つの要素を理解する必要があります。売上原価の計算式は、「期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高」です。この式により、期間中に販売された商品の原価が計算されます。

この計算を行うにあたって、商品の棚卸高(在庫の評価額)を正確に把握することが必要です。期首と期末の棚卸高は、その期間中の商品仕入れ額とともに、売上原価を導き出す上で重要な役割を果たします。

この計算方法を適切に理解して実践することで、企業はその期間の販売によって発生した実際の原価を把握し、より精密な財務分析や収益管理を行うことが可能です。

2.期末商品棚卸高を計算する方法

売上原価を正確に計算するためには、期末商品棚卸高の計算が不可欠です。期末商品棚卸高は、会計期間の終わりにおける在庫商品の合計評価額のことを指し、売上原価を算出する上で重要な役割を担います。

期末商品棚卸高を正確に把握し、売上原価の計算に活用することは、企業の財務健全性を評価し、効果的な在庫管理戦略を立てる上で重要です。ここでは、期末時点での商品棚卸高の計算方法について詳しく解説していきます。

2-1.仕入れ・出荷時に記録する

仕入れと出荷時の記録は、売上原価の計算において重要な役割を果たします。具体的には、仕入れの際にその数量と単価を記録し、出荷時には出荷される商品の数量と金額を記録することが必要です。これらの記録を適切に保管しておくことにより、期末の棚卸高を正確に算出できます。

確かに、このような記録をつける作業には手間がかかるかもしれません。しかし、その努力はより正確な売上原価の把握につながります。売上原価を正確に計算することは、企業の財務状況を正しく評価し、収益性を向上させるために欠かせません。

2-2.現地で棚卸をする

現地での棚卸作業は、「最終仕入原価法」を採用している場合、売上原価の計算において重要な手段です。この方法では、期末の最後に仕入れた商品の単価を用いて、期末商品棚卸高を計算します。実地での棚卸を行うことで、在庫の正確な数や状態を把握し、適切な在庫管理が行えるのがメリットです。

ただし、この方法にはデメリットも存在します。実地棚卸日の直前に単価に異常な変動があると、その変動が計算結果に反映されてしまうのです。
また、商品のロスも売上原価に含まれることになり、それが財務分析の精度に影響を及ぼす可能性もあります。このように、現地での棚卸作業は、デメリットを十分に理解したうえで実施することが重要です。

3.棚卸資産を評価する方法

期末商品棚卸高を算出するためには、在庫の原価を正確に評価することが必要です。この評価は、所得税法施行令第99条、法人税法第29条などの税法や企業会計基準に基づく「棚卸資産の評価方法」に従って行われます。具体的には、原価法・低価法のどちらかを用いることが一般的です。

原価法では、在庫を個別に評価し、その取得価額を計算します。計算方法は、個別法・先入先出法・総平均法・移動平均法・最終仕入原価法・売価還元法の6つです。これらの原価法に加えて低価法を用いることもあるため、棚卸資産の評価方法は合計7つといえます。

事業者は、これらの評価方法の中から適切なものを選択し、「棚卸資産の評価方法の届出」に記載して所轄の税務署に提出する必要があります。提出の期限は、事業開始年度の確定申告期限です。提出する税金が所得税か法人税かによって、提出書類の書式が異なるため注意しましょう。

併せて読みたい関連記事

損益計算書で売上原価を確認する方法!

損益計算書とは、企業が一定期間(通常は1年間)にわたって得た収益と発生した費用をまとめた財務諸表のことで、利益の状況を示しています。売上原価が記載されているのは、この損益計算書の費用部分です。

通常、売上高の直下に記載されることが多く、売上原価の詳細として期首商品棚卸高、当期商品仕入高、期末商品棚卸高が表示されます。損益計算書上での売上原価の確認は、企業の大まかな利益状況を理解する上で重要です。

これは、売上総利益(粗利または粗利益)の計算に用いられます。売上原価を把握することで、本業からの収益だけでなく、それ以外の収益や損失も含めた、対象期間中の総利益を算出することが可能です。

併せて読みたい関連記事

売上原価と関係の深い「粗利」について

売上原価は、企業の財務分析において重要な要素であり、「粗利」と深い関係があります。この粗利を通して、企業がどの程度効率的に収益を生み出しているかの評価が可能です。そのため、売上原価と粗利の関係を理解することは、企業の経営効率にとって不可欠といえるでしょう。ここでは、売上原価と密接に関連する「粗利」について紹介していきます。

1.粗利を知ることが大切な理由

売上高と売上原価が明らかになれば、粗利の計算が可能です。粗利とは、商品やサービスの販売から得られる利益で、具体的には売上高から商品のコストを差し引いたものをいいます。

たとえば、売上原価が売上に対して低い場合は、企業が高い付加価値を生み出しているということです。逆に、売上と売上原価の差が小さい場合は、付加価値の創出が十分でない可能性があります。粗利は、売上原価以外の費用を支払うための重要な原資です。

売上高から売上原価を差し引いた粗利は、販売費や一般管理費、広告宣伝費、保険料などの支払いに充てられます。そのため、十分な粗利が得られているかを把握することは重要です。また、粗利は製品や商品自体の価値を評価するのにも役立ちます。これにより、企業は製品の価値創造と販売効率をより深く理解し、経営戦略の策定に生かすことが可能です。

2.粗利の計算方法

粗利は、事業における付加価値の大きさを示す重要な指標です。たとえ売上高が高くても、十分な粗利がなければ企業の事業継続は難しいでしょう。そのため、企業は粗利を正確に把握し、これを事業戦略の策定に活用することが必要です。粗利は、売上高から売上原価を差し引いたもので、「粗利(売上総利益)=当期の売上高 – 売上原価」の計算式によって算出されます。

また、企業の1年間の粗利は、その年間の売上高から売上原価を引いたものです。この粗利は、損益計算書上で「売上総利益」として計上されます。

この計算により、企業は自身の付加価値の大きさを理解し、収益性を評価することが可能です。粗利の正確な把握は、事業の健全性を保つ上で、また将来の戦略を立てる上で不可欠な要素といえます。

お金の流れを簡単管理! 案件収支管理システム プロカンお金の流れを簡単管理! 案件収支管理システム プロカン

売上原価の勘定項目は?

売上原価を計算する際、直接的な「売上原価」という勘定科目は存在しません。実際に売上原価の仕訳に使われるのは、「期首商品棚卸高」「当期仕入高」「仕入値引高」「仕入返品高」「仕入割戻高」「期末商品棚卸高」の6つの勘定科目です。

そして、三分法や売上原価対立法など、売上原価に採用する計算方法によって、使用する勘定科目が違ってきます。これらの勘定科目を適切に管理、計算することで、企業は売上原価を正確に把握し、財務状況を評価することが可能です。

併せて読みたい関連記事

売上原価を仕訳する4つの方法

売上原価の仕訳には主に4つの方法があり、それぞれが企業の会計処理の効率化や正確性を高めるために活用されます。売上原価の仕訳は、企業の財務状態を正確に反映させるために非常に重要です。ここでは、売上原価を仕訳する4つの方法について紹介していきます。

売上原価の仕訳方法
  • 三分法
  • 売上原価対立法
  • 分記法
  • 総記法

1.三分法

三分法は、商品売買の記録に「仕入」「売上」「繰越商品」という3つの勘定科目を使用する方法です。この方法では、期中に仕入れた商品は仕入勘定で処理し、販売された商品は売上勘定で計上します。そして、決算時に在庫商品を繰越商品勘定で処理することによって、売上原価が算出されるのです。

三分法は、日常の記帳作業と決算時の処理が比較的簡単で効率的であるため、最も広く採用されている仕訳方法といえます。この方法は、売上原価の計算をよりスムーズに行うために効果的であり、財務管理の正確性と効率化に貢献するでしょう。

2.売上原価対立法

売上原価対立法で商品の売買記録に使用するのは、「商品」「売上」「売上原価」といった勘定科目です。この方法では、まず仕入れた商品を商品勘定で処理し、その後、販売した商品の原価を商品勘定から売上原価勘定へ移します。売上代金は売上勘定での管理です。
このシステムでは、商品勘定が期末の商品在庫を示し、売上原価勘定が売上原価の総額を表します。
このため、決算時の特別な処理が必要ないのがメリットです。

一方で、この方法では、仕訳作業がやや複雑になることがデメリットとしてあげられます。売上原価対立法は、売上原価を随時確認できるという点で有用ですが、仕訳の煩雑さには注意が必要です。

3.分記法

分記法は、「商品」と「商品売買益」という二つの勘定科目を使って商品売買の記録を行う方法です。この方法においては、期間中に仕入れた商品を商品勘定で資産として計上し、販売された際には商品勘定と売価の差額を商品売買益勘定で収益として反映します。この際の商品勘定の金額が、仕入原価と一致するのが特徴です。取引ごとに仕入原価と売買益がリアルタイムで確認できるため、現在の粗利をすぐに把握し、迅速に経営戦略に反映できるのがメリットといえます。

しかし、取引ごとの記帳が複雑になるのはデメリットといえるでしょう。そのため、商品の種類が多い企業にとっては、この方法が実用的ではない場合もあります。分記法は、粗利の把握には有効ですが、記帳の煩雑さには注意が必要な方法です。

4.総記法

総記法の特徴は、商品の仕入れと売上の両方に「商品」という勘定科目を用いて記録を行うことです。この方法の特徴として、決算整理が行われる前の残高試算表において、商品勘定は貸方残高および借方残高の両方に表示されることがあげられます。
この状態では、原価と売価が混在しているため、決算整理を行うことが不可欠です。商品勘定のみを使用する点で、総記法は商品売買の記帳方法としては最もシンプルなものといえるでしょう。

ただし、仕入原価と売価が商品勘定内で混在するため、期中の経営成績や財政状況の把握が難しいのがデメリットです。そのため、実務で利用されることはほとんどありません。総記法は、記帳の簡易さに重点を置いていますが、詳細な財務分析には適していない方法といえます。

お金の流れを簡単管理! 案件収支管理システム プロカンお金の流れを簡単管理! 案件収支管理システム プロカン

売上原価を把握して企業経営の課題を発見しよう

売上原価の把握は、企業経営の重要な分析活動のひとつです。付加価値の高い商品を特定するには、売上原価の適切な理解が必要です。売上原価や粗利をタイムリーに算出することで、最新の情報をもとにした迅速な経営分析が可能でしょう。これにより、企業の課題を早期に発見し、スピーディーに対策を立てることが可能です。

また、売上原価と販売価格の差が大きいほど、売上原価率は低くなり、それは企業の利益拡大につながります。しかし、市場価格に合わせて販売することで、本来可能な利益を得ることができない場合もあることは否定できません。

付加価値の高い商品を提供し、利益体質を強化することは、成長投資のサイクルを加速させ、企業の競争力を高めることにつながります。そのためには、自社商品の付加価値と売上原価率のバランスを定期的に分析し、適切に管理することが重要です。提供する商品の付加価値を最大限に高める努力は欠かせませんが、それと同時に売上原価を抑えることも重要といえます。経営の改善を継続し、売上原価率をモニタリングすることで、企業経営の課題を把握し解決の方法を探りましょう。

企業の成長には収支管理が不可欠!

企業の成長にとって、収支管理の重要性は非常に高いといえるでしょう。なぜなら、収支管理を効率的に行うことで、予算や売上、原価の状況を正確に把握し、利益の向上に反映できるからです。特に、プロジェクトごとの収支管理が必要な企業にとって、適切なシステムの導入は大きなメリットをもたらします。たとえば、案件収支管理システムとして「プロカン」の導入を検討することは、収支管理をより効率的に行うための有効な手段といえるでしょう。

プロカンでは、必要な業務領域を網羅的にカバーし、作業時間の短縮を実現します。さらに、シンプルな料金プランにより、コストを抑えつつシステムの導入が可能です。これにより、企業は収支管理をより効果的に行い、経営の健全性を高めることができるでしょう。

【まとめ】便利なシステムを活用して会計の数字を把握しよう!

売上原価を含む会計上の数字は、企業の健全な運営にとっての欠かせない指標です。適切な収支管理や売上原価の把握は、利益の最大化や経営戦略の策定に直結し、企業成長の基盤となり得ます。このプロセスを支えるために、便利な会計システムの導入は大いに役立つでしょう。

システムを活用することで、財務状況の正確な把握が容易になり、経営上の意思決定が迅速かつ効果的に行えます。その結果として、企業の競争力を高めることができるのです。会計の数字を正確に把握し、適切に活用することで、企業の健全な運営と成長を実現しましょう。

お金の流れを簡単管理! 案件収支管理システム プロカンお金の流れを簡単管理! 案件収支管理システム プロカン

お問い合わせCONTACT US